忍者ブログ
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
つなでさんの日常
おさんぽみたいなブログ

pup_pooh_oneさんのネタ帳
子犬のウンチ野朗
最新コメント
[07/28 求道者]
[07/26 ツナデ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
求道者
性別:
男性
趣味:
食う・寝る・遊ばない
自己紹介:
アメーバブログがあんまりにも使えないのでこちらに引っ越します。よろしく。
ブログ内検索
さぼりっぱなしのグルメブログ
[63] [62] [61] [60] [59] [58] [57] [56] [55] [53] [52]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

takizawa


これは蔵元の裏の写真ですね。


表も旧中仙道に面してまして、なかなかおもむきのある構えになっています。


私は未だに酒に関して辛口だとか甘口だとかがよく分かりません。


甘 辛 ではなく、もっと色々な表現があって良いと思うのですが。


ワインなんか笑っちゃうような表現がたくさんあります。


フランス人はボキャブラリーが豊富なんでしょうね。


埼玉という土地は荒々しい酒が多いところだと思います。


海に面しておらず、肴は山のものが多かったからなのか。


夏に暑く冬に寒い環境だからなのか。


新潟なんかの酒と比べるとまったく違いますね。


あまり荒々しい酒は好みではないのですが、この滝澤酒造の酒は好みに合います。


新酒品評会で毎年と言っていいほど金賞をとっています。


数ある製品群の中でこの季節にはコレ


siboritate


春に絞った新酒はこの季節にまろやかに熟成されるのです。


火入れをせず低温でじっくり熟成された生酒は最高です。


フルーティーかつ荒々しいとても良い酒です。


肴も選びません。


魚貝に良し、肉に良し、夏野菜に良し 


値段も720ml 1000円以下とお値打ちです。


この蔵元こんな高級酒も造ってます。


masuda


720ml 4200円也


さすがに美味しいです。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
この記事のURL:       
忍者ブログ*[PR]