忍者ブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
つなでさんの日常
おさんぽみたいなブログ

pup_pooh_oneさんのネタ帳
子犬のウンチ野朗
最新コメント
[07/28 求道者]
[07/26 ツナデ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
求道者
性別:
男性
趣味:
食う・寝る・遊ばない
自己紹介:
アメーバブログがあんまりにも使えないのでこちらに引っ越します。よろしく。
ブログ内検索
さぼりっぱなしのグルメブログ
[91] [90] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

創業50年だとか。 こういうラーメン屋というのは、どちらかだ。


ガンコで不味いか、柔軟で美味いか。


結論から言えば、この新福菜館さん。ガンコで不味くもなく、柔軟で美味くもないという珍しい店であると言える。


京都駅からちょっと歩く。


ラーメン(並)600円とヤキメシ500円をたのむ。


まず誰もがその黒さに度肝を抜かれる。最初は、かなり引く。


まるで、醤油に麺が浸かっているようだ。


見た目よりあっさりしている・・・というような評価をする人もいるようだけど、


そういう人の味覚は少しおかしいと思ったほうが良い。


スープは少しエグ味を感じるくらい濃い。


でも不味くはない。


不味くはないというのが妥当な評価であると思う。


ヤキメシも看板メニューのようである。こちらも・・・・黒い。


なんで黒いんだよ・・・・


醤油タレを使っているようだ。かなり濃い。


これも不味くはない。 というのが妥当なところ。



ラーメンも濃くてヤキメシも濃いので逃げ場がない。


かなり喉が渇く。水2杯飲む。


家の近くにあったら年に1度くらいは行くかもしれない。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
この記事のURL: